HOME > 海洋技術部 - 船舶設計・建造監理業務

船舶設計・
建造監理業務

船舶や海洋構造物の設計・建造・保守に関する支援などの事業を実施しています。
船舶や海洋構造物の設計・建造・保守に関する支援などの事業を実施しています。

1. 船舶設計・建造等の支援

● 基本設計

建造する船舶の用途、搭載人員、積み荷の量、船舶の大きさの制限などの要求に対応した船舶の基本となる設計を行っています。

● 建造監理

船舶の建造において必要となる各種図面の審査、船体や各種搭載機器の建造中検査に関わる業務の支援、建造工程の監理を通じ、円滑な建造をお手伝いしています。

高速フェリー(総トン数10,000トン)
旅客船(総トン数1,124トン)
消防艇(総トン数60トン)
消防艇(総トン数19トン)
旅客船(総トン数132トン)
漁業調査指導船(総トン数189トン)
行政連絡船(総トン数19トン)

● 復原性計算

船舶の安全上最も重要な復原性能に関するコンサルティングを行っています。

復原性の計算結果

2. 船舶の保守に関する受託調査等

船舶の設計や建造に関わる豊富な技術的知見を活かし、要望に応じた受託調査等を実施しています。

業務打合せ

地球深部掘削船(総トン数57,500トン)
● 洋上石油備蓄基地の長期保守管理に関する調査研究

洋上石油備蓄基地
● 老朽船舶の実態調査及び保守状況に関する調査研究
 

船底外板の劣化状況の調査

調査対象漁船
● 新条約に対応する内航船舶の設計等各種調査

3. 浮体式海洋施設の開発

浮体式空港、浮体式港湾施設、浮体式防災基地、洋上ホテル、浮体式エンターテイメント施設(劇場、レストラン、遊園地など)、洋上プラント等の多様な社会ニーズに合致した様々な規模の浮体基盤をご提案します。

もっと知りたい方へ

»» 基本設計は船舶調達の要
»» 建造監理の重要性
 基本設計・建造監理業務実績(PDF)(近日公開)