HOME > 技術開発部 - 技術開発業務

技術開発業務

船型設計システムや新コンセプト船の開発等船舶のイノベーションに貢献しています。
船型設計システムや新コンセプト船の開発等船舶のイノベーションに貢献しています。

1. 船型設計システムの開発

当センターが蓄積してきたデータベースや船型開発技術、線図作成(注1)技術などを活かしたシステム開発を行っています。

● 船型設計システム(SRC Tips: SRC Tools for Initial Planning of Ship)

パソコンで手軽に性能の推定や線図の創生が出来る船型作業用システムです。現在、核となるTips Sp(性能推定)、Tips Op(船型最適化)、Tips Sk(線図創生)のほか、 これ等を補助するTips Id(初期要目)、Tips Ar(区画配置)の5つのアプリケーションが用意されています。


船型設計システム(SRC Tips)の操作画面

2. 新コンセプト船の開発

当センターが蓄積してきた船舶技術を活用し、新しいコンセプトの船舶の開発や、船型改良等の提案をいたします。


【当センターで開発した新コンセプト船の実例】
● 実現困難とされていた749総トン型の黒油タンカーのダブルハル化を、シングルポッド方式の電気推進の採用等により実現
● 積載貨物量を減らさずに、条約に基づく居住性の向上等を実現する新型内航貨物船の設計
● バラスト水の所要量を最低限に抑えるNOBS・MIBS(注2)の開発
● トリマラン船型(三胴船)の開発

新コンセプト船開発の例
従来船とNOBS・MIBSの断面の比較
トリマラン船型


3. 超高精度CFD(Computational Fluid Dynamics)技術の開発

当センターの蓄積してきた水槽試験技術を活用し、曳航水槽試験による計測と同等の精度と信頼性を実現するCFD計算技術の開発を行っています。
乱流の生成に支配的な細かな渦を直接計算するLES(Large Eddy Simulation)を用いたCFD計算技術の開発により、造船分野で広く利用されているRANS(Reynolds-averaged Navier Stokes)法では実現が困難な精度と信頼性の高い計算結果を得られる可能性があり ます。
※LESでは数百億格子点の大規模計算が必要なためスーパーコンピューター「京」を用いています。
船体中央断面の渦の様子

もっと知りたい方へ