HOME > SRCの紹介 - センター紹介 - 沿革・組織

沿革

大正5年(1916)   前身である逓信省管船局船用品検査所発足
昭和2年(1927)   船舶試験所に改称、水槽試験業務を開始
昭和20年(1945)   運輸省船舶試験所に改称
昭和25年(1950)   運輸省運輸技術研究所発足
昭和38年(1963)   運輸省船舶技術研究所発足
昭和42年(1967)   (財)日本造船技術センター設立。運輸省船舶技術研究所より試験水槽及び技術を承継し、水槽試験等の推進性能試験業務、基本設計等の船舶設計・調査等の業務並びに技術研修及び技術指導業務を開始
昭和45年(1970)   船舶艤装品試験施設を設置。艤装品の試験業務を開始(昭和48年まで)
昭和49年(1974)   海外協力本部を設置。海外経済・技術協力業務(研修及びコンサルタント)を開始
昭和52年(1977)   海洋油濁防止に関する試験研究業務を開始(昭和55年まで)
昭和55年(1980)   (財)海外造船協力センターの発足に伴い、海外経済・技術協力業務を同センターに移管
平成12年(2000)   メガフロート技術研究組合よりメガフロートに関する技術を承継
平成16年(2004)   本部を目白から飯田橋に移転
平成16年(2004)   (財)海外造船協力センターの解散に伴い海外経済・技術協力業務を承継
平成20年(2008)   本部を吉祥寺に移転
平成25年(2013)   一般財団法人に移行

組織